Photo Partner

撮影に関する全てのことをお任せ下さい

豊富な経験が作り上げる、良質な撮影を。
撮影のお困り事があればご相談ください。

お見積・ご相談はお気軽にこちらまで

03-5312-6174

受付時間10:00~19:00

HOME > お役立ち知識:動画フリー素材サイト

動画フリー素材サイト

MOVIE MATERIAL SITE

【商用利用可】

動画制作に役立つ
フリー素材サイト15選

動画広告を内製するメリット・デメリットとは?

カメラマンの仕事と種類は?

動画広告にフリー素材を使う場合の注意点

商品やサービスの動画広告などを作成する際、素材を一から撮影するのには、時間とコストがかかります。
そんな時に役立つのが無料で動画素材が使えるフリー素材サイト。
利用の際は下記のポイントに注意しましょう。

1

商用利用可否

フリー素材をビジネスで利用する場合、商用利用の可否を確認し、「クレジット記載」「編集制限」などの条件を守って使用しましょう。利用規約に反した使い方をすると、著作権侵害にあたる可能性もあります。

2

映像のクオリティ

広告動画など、一般公開する動画において、クオリティの担保は重要です。フリー素材サイトはその動画によって画質や編集のクオリティが異なるため、ビジネス利用に耐えうる高品質な動画をセレクトしましょう。

3

ターゲットに沿った
セレクト

海外のフリー素材サイトの多くは外国人が出演しています。制作する動画が日本人向けのサービス紹介ならば、日本人が出演するフリー素材を選ぶなど、ターゲットの共感を損なわない映像をセレクトしましょう

【商用利用可能】動画のフリー素材サイト9選

商用利用可能な動画が無料で手に入るフリー素材サイトを紹介します。
クレジットの有無や編集の可否を確認して利用しましょう。

素材のクオリティが高いサイト

高品質な動画素材が見つかるフリー素材サイトを紹介します。

mazwai

ハイクオリティで美しい動画素材がそろうサイトです。利用には著作者のクレジット表記が必要です。

pexels

海外の映画のワンシーンのようなおしゃれなショート動画が多い動画素材サイト。クレジット表記不要で利用できます。

mixkit

高画質な動画が多く、クレジット表記が不要なので使いやすいサイトです。動画の他にもBGMや効果音素材が豊富です。

素材数が多いサイト

無料で使える素材数が豊富なサイトをご紹介します。

pond5

世界最大級の動画素材サイト。すべての動画の利用にはライセンス契約が必要ですが、パブリックドメインでの利用であれば無料で1000以上の動画素材が使えます。

videvo

素材数が多く、1,000以上の動画が登録されているカテゴリーも。一部の動画が商用利用可能で、クレジット表記は動画によって異なります。

vidsplay

高解像度のショート動画が毎週公開される動画素材サイト。利用にはクレジットか、著作者サイトへのリンク表記が必要です。

エフェクト・背景が豊富なサイト

エフェクトや背景の素材が充実しているフリーサイトを紹介します。

ニコニ・コモンズ

エフェクトや音声素材が13000点以上の中から選べます。一部が商用利用可能。クレジット表記の有無は素材ごとに異なります。

YouTuberのための
素材屋さん

アニメーションやCGのエフェクトが多く、全体的にポップなテイスト。すべての素材がクレジット表記なしで使用できます。

Windershare Filmstock

動画編集ソフトの『Filmora』『アフターエフェクト』のユーザーのみ利用できる有料・無料の素材サイトです。無料プランのエフェクトも豊富で、商用利用も問題ありません。

【商用利用可能】ジャンル別・フリー音楽素材サイト6選

映像を盛り上げるための音楽素材は、自作するかプロに依頼して作るほか、フリー素材サイトからダウンロードする方法もあります。
商用利用可能・無料で使える音楽系の無料素材サイトを素材のジャンル別に紹介します。

1

効果音

プロ品質の効果音が充実

効果音ラボ

プロの現場でも使われる、高品質な効果音がそろうサイト。生活音や環境音、動物の鳴き声など、ありとあらゆる効果音が見つかります。

2

BGM

映像を引き立てるシンプルBGM

Snow Music

イントロやジングル、ナレーションやライフスタイル動画のBGMに使える主張の少ないループ楽曲がそろっています。

3

ピアノ・オルゴール系

イメージから曲が選べる

甘茶の音楽工房

人気の高いピアノ・オルゴール楽曲が充実。「和風」「ヒーリング」「ジャズ」「ポップ」などのジャンル、「コミカル」「ほのぼの」「不気味」などイメージからも選べます。

4

オーケストラ系

高品質な楽曲が無料

SHW

オーケストラ風の楽曲が豊富なサイトです。無料ながらクオリティが高く、本格的な素材が手に入ります。

5

和風

エキゾチックな民族音楽を探すなら

おとわび和風音楽素材

和風BGMに特化したBGMのフリー素材サイトです。「異国風」、「沖縄風」、「中華風」など、他にはないテーマが見つかります。

6

ロック系

魔王魂

ロックジャンルのほか、ゲーム系・テクノ系の楽曲も多く、1,000曲以上の中からほしいイメージの音が吟味できます。

動画広告を自社で制作するメリットとデメリット

近年、動画制作が簡単に行える撮影ツールや編集ソフトが一般化し、自社で動画広告を制作する企業も増えています。
予算などの事情から動画制作の内省を考えている場合、メリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

動画制作を内製するメリット

1

すぐにスタートできる

撮影機材と撮った動画を編集するアプリやソフトがあれば、最低限の動画は制作可能です。初心者が編集ソフトに慣れるまでは時間がかかりますが、慣れてくれば制作期間も短縮でき、急なスケジュールにも対応できるでしょう。

2

コストを抑えられる

撮影機材のコストを抑えたい場合は、スマートフォンのカメラ機能を使用しても良いでしょう。最近のものであれば、十分な画質を担保できます。また、すべての素材を撮影しなくても、高品質なフリー素材をうまく利用することで、コストをかけずにクオリティアップを図れます。

3

フレキシブルに
対応できる

制作スケジュールや内容の変更にも柔軟に対応することができるのは、自社制作ならではのメリットです。制作会社が納期までに対応できる変更には限界があるため、未確定要素が多いプロジェクトであれば、自社制作も検討してみましょう。

動画制作を内製するデメリット

1

慣れるまでは
時間がかかる

初めて動画を内省する場合は、撮影や編集作業などのスキルを取得する時間が必要です。また、不慣れな場合段取りにも時間がかかるため、フロー化するための時間も想定し、余裕を持ったスケジュールで取り組みましょう。

2

本来の業務に
負担がかかる

動画制作を試験的に行う場合、担当者は本来の業務との兼任で進めることになるでしょう。スタート時は本来の業務の人員を増やし、繁忙期を避けるなど、業務が滞らないよう、あらかじめ対策を打っておきましょう。

3

クオリティの
保証ができない

プロが本格的な機材で撮影し、編集した映像はある程度のクオリティが約束されています。一方内製の場合、経験のあるスタッフとそうでないスタッフでは、制作物のクオリティにばらつきが出る可能性があります。クオリティを重視する場合は、制作会社への依頼も検討しましょう。

無料お見積り・資料請求・ご相談はこちら

03-5315-0621
03-5315-0621

受付時間10:00~19:00

株式会社プリンツ21 | 〒160-0001東京都新宿区片町4-6 ANYビル5F

WEB商談
資料請求・ご相談
無料お見積もり
トップへ戻る
トップへ戻る